会員のみなさまへ

日本網膜硝子体学会の会員のみなさまは、下記のサービスを会員専用サイトにて行っていただけます。会員専用サイトログイン画面からお入りください。

1. 会員情報の登録状況の確認・変更
2. 年会費納入状況の確認

会員専用サイト ログイン

※理事選挙関連書類については、会員専用サイトログイン後、「理事改選のお知らせ」より申請フォームならびに見本がダウンロード可能となります。

※ID、パスワードがご不明な場合は、ログインボタン下にあります「お忘れの方はこちら」より各々ご照会ください。

※ご勤務先やご登録住所などに変更があった場合は、会員専用サイトよりご自身でご変更いただくか、変更届を事務局補佐までFAXもしくはメール添付にてご提出ください。

「日本網膜硝子体学会 基礎研究助成プログラム」
募集のご案内

募集は終了いたしました。

平素は日本網膜硝子体学会の活動にご理解とご協力をいただき誠に有難うございます。
さて、この度日本網膜硝子体学会では、「日本網膜硝子体学会 基礎研究助成プログラム」を設け、公募をさせていただく事になりました。
応募される先生は下記要領をご覧の上、「申請書」「推薦状」をダウンロードしていただき、必要書類と共に事務局補佐にご郵送ください。

▪ 概要

日本網膜硝子体学会 基礎研究助成プログラムは、眼科領域の新しい診断/治療につながる基礎的研究の発展に寄与するため、新たに設立された助成プログラムです。
日本国内の大学・大学院、研究機関等に所属する若手研究者を対象として、優れた研究計画に対して助成を行うことにより、わが国の眼科医学の一層の進歩に寄与することを目的としております。

▪ 応募要件
  1. 網膜硝子体に関する研究であること。
  2. 申請時において、日本網膜硝子体学会員であること。
  3. 日本国内の大学・大学院、あるいはそれと同等の研究機関に所属する若手研究者(原則として40歳以下)であること。
  4. 過去5年間に本助成を受けたことがないこと。
  5. 募集時に当学会の他の助成を受けていないこと。
  6. 1施設から1件のみの応募とし、施設責任者の推薦状を必要とする。
▪ 研究助成金
  1. 助成金総額 800万円 - 1件200万円以内
  2. 助成件数 4件
  3. 使途:本研究に必要な物品等の購入、および経費、謝礼、旅費等にも使用可能とする。
▪ 応募方法

下記に記載の書類を事務局宛に郵送すること。

<提出書類>

  1. 申請書(様式1)
  2. 推薦状 (様式2)
  3. 代表論文の別刷り3編以内、コピー6部
▪ 応募受付締切
2021年3月10日(水)必着
▪ 選考の方法および採否通知、助成金の給付
  1. 当助成プログラムの審査委員会(日本網膜硝子体学会理事を中心とした5名)において審査を行い、理事会承認を経て最終決定とする。採否は2021年3月末迄に申請者宛に電子メールにて通知する。
  2. 研究助成金は助成決定者に金融機関振込により交付する。
  3. 助成決定者は2021年12月時点で、研究成果報告書を提出すること。
▪ 申請書提出先
日本網膜硝子体学会 事務局補佐

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25  JTBビル7F
株式会社JTBコミュニケーションデザイン 事業共創部 コンベンション第二事業局内
日本網膜硝子体学会 事務局補佐 宛

※申請にあたりご不明な点がございましたら、事務局メール(vitreoretina@jtbcom.co.jp)にお問合せください。

Download Word DocumentsDownload - 日本網膜硝子体学会 基礎研究助成プログラム 申請書(様式1)

Download Word DocumentsDownload - 日本網膜硝子体学会 基礎研究助成プログラム 推薦状(様式2)

ページの先頭 ▲

Channel Rについて

www.channelr.net

Download PDF DocumentsDownload - Channel R Society Invitation [PDF]

Get Adobe ReaderPDFをご覧になるには最新のReaderが必要です。
ダウンロードはこちらから。

ページの先頭 ▲

JRVS Times 会員専用サイト ログイン

※会員専用サイト(マイページ)にて
ログイン後に閲覧可能

会員専用サイト ログイン

*会費納入確認 *各種住所変更
*会員番号確認